説明

学校の来客用スリッパは何故、フリーサイズしか置いていないのか?

投稿日:

小中学校が休校中の機会に地元周辺の学校へ来客用スリッパの調査営業を行っています。

かつて公立学校は地元の雑貨店または出入り業社からスリッパを注文していました。現在では、オンラインショップでスリッパを購入する学校が増えています。

調査営業で学校の購買担当の先生または事務員さんに伺いますと、スリッパをネット購入している様子でした。


名入れスリッパ.comでも、学校からのスリッパのご注文を頂きます。


学校の来客用スリッパは、価格の安い海外産スリッパを使用されています。
学校の海外産スリッパを履いてみますと耐久性がない感じを受けました。

ショッピングサイトの購入者レビューを読みますと、海外産のスリッパの欠点がわかります。


サイズが少し小さい。

何故、学校の来客用スリッパはフリーサイズしか置いていないのか?

来賓の方で足の大きな人はスリッパを履くことが出来ない。または無理に履いているのでは・・

温泉旅館・観光ホテルなどの宿泊施設は、足の大きな外国人観光客用として特大用のスリッパを求めて問い合わせてきます。

アクセス解析を調べますと、「30cm以上のスリッパ」のキーワードで検索してきます。


外国製スリッパは、コストを抑える為に同一製品大量生産をしています。
現代は、大量生産の時代は終わり、品質の良いものを求める傾向にあります。


品質の良いスリッパを永くご使用していただく事。そして来賓の方が快適にスリッパを履いていただくため学校へご案内しています。

-説明

Copyright© 名入れスリッパ.com , 2020 All Rights Reserved.