説明

スリッパの名入れ印刷の話

投稿日:

ホットスタンプ印刷機

学校・病院のスリッパのほとんどが名入れ印刷希望です。
印刷の中には、文字数が多いこともあります。その場合には、書体の大きさを変えて印刷をします。
ホットスタンプ印刷機は、活版印刷用の活字(鉛)を治具を使ってアーチ型と直線型に一段用・二段用とに分けて印字しています。
活版用の活字は、DTP(コンピュータ組版システム)に変わり、活字を製造している会社は今では僅かしかありません。
最初に活字を取り寄せていた会社(大日本印刷工業)は廃業になり、紹介してもらった活字製造会社も廃業。ネットで活字製造会社を探したところ東京に現存していましたので、必要な活字を取り寄せることが出来ました。

箔押し印刷 明朝1号書体 二段直線

名入れスリッパ.com では、文字数が多くても名入れ代は同じ単価にしています。もう一つの印刷方法は、シルクスクリーン印刷です。
宿泊施設では、指定ロゴの名入れ印刷のご依頼が多くございます。
お客様からロゴデータをスリッパに印刷するまでの前行程をIllusratorと
Photoshopを使い校正を行い製版に必要なポジフィルムを作成します。
製版作業を行ってから印刷に取り掛かります。
油性塗料を配合しながら指定色に近い色に合わせて手刷り印刷を行っています。

中敷に手刷り印刷している所
2色印刷のスリッパ

手刷り印刷は、多色刷りが可能になります。
裁断生地から印刷を手がけていますので、印刷する箇所などお客様のご要望に合わせて名入れ印刷を行っています。

既製品の名入れ印刷風景

持ち込みスリッパに名入れ印刷を行っています。
ネットで中国製スリッパを購入されたお客様からのご依頼もございます。
既製品は、一色の印刷のみ承っています。製品名入れの場合には、若干位置ズレを起こすことがございます。

-説明

Copyright© 名入れスリッパ.com , 2019 All Rights Reserved.